htmlメールとそれ以外のメールとの違い

htmlとはHyperTextMarkupLanguageの略で、Webページを表示するための基本的な言語です。メールにはhtmlメールとテキストメールというものがあります。htmlメールはWebページのように様々な画像や動画を埋め込むことができるメールのことで、反対にテキストメールは単純にテキストしか表示しないものです。メールを送る場合は相手との関係性によって、どちらのタイプにしたらよいか選択しましょう。様々な要素を盛り込んだメールを送ればそれだけ派手になりますが、相手はたくさんの要素を読み込まなくてはなりませんので、通信に時間や費用がかかってしまいます。一般的に仕事関係、友人同士でメッセージを伝えあうものはテキストメールで済ますことが多いでしょう。

htmlメールを送るメリットとは

htmlメールは一般的に企業が広告として送ってくるメールに多くあります。画像(バナー)によって宣伝することができますし、受け取った側はどういう商品なのかをイメージを見ただけで判断することができます。文字では伝わりにくいような内容のものを視覚的に伝えるのに役に立ちます。htmlメールはメールの中にリンクを設置することができますので、簡単に外部のWebサイトへ誘導することもできます。誘導先で詳しい内容を紹介すればメールの内容を重くする必要はありません。すべての人が高速回線を利用しているというわけではありませんので、要素を盛り込みすぎたメールは表示に時間がかかってしまうこともあり、加減をしないと広告としての効果は逆に下がってしまうこともあります。特に画像の質には注意しましょう。

テキストメールで送受信するメリット

最近では携帯電話でも高速回線が普及しているため、あまり通信速度を気にすることは少なくなりました。しかし通信量によってはお金が発生することもありますので、htmlメールをたくさん読んでいると通信制限がかかったり料金が高くなることがあります。特に動画が埋め込まれているものには注意しましょう。テキストメールは単純に文字だけですので、多くても数キロバイトの世界です。料金が跳ね上がることもなく、伝えたいことだけを伝えるのに適したメール形式でしょう。htmlメールは送る側も「送信」という通信を行いますので、料金が高くなる可能性があります。パソコンからのメールではついつい重たいメールを送ってしまいがちですが、相手が携帯で見ることもありますので、相手のことを考えたメールマナーが必要でしょう。