htmlメールのメリットとデメリット

htmlメールは、テキスト形式のメールとは違い、画像の挿入が行えたり、文字サイズが指定出来る等のメリットがあります。通常、テキスト形式の文字サイズは、メールを受信して表示する側の、アプリやソフトの設定で決まります。タイトルを大きく表示したり、見出し別に文字サイズを変えることが出来ませんから、この点は柔軟性の高いhtmlメールの方が優位でしょう。一方で、htmlメールは柔軟性の高さ故に、セキュリティ面が懸念されたり、読まれず処分されるデメリットを秘めています。htmlメールは従来、ウェブサイトのデザインがそのまま、メールで送ることが出来ると評価されました。しかしそれは同時に、受信者に対し悪さをするスクリプトであったり、悪意のあるプログラムも添付可能なことが問題となり、htmlメールが選ばれる機会は減少しています。

テキストメールの限界を超えるhtmlメールのメリット

テキスト形式のメールは、いわばメモ帳の内容をそのまま送るようなもので、デコレーションを加えたり、見せ方が変えられる余地は限られています。その点、htmlメールはウェブサイトで使うことが出来る、タグを使用してメールを仕上げることが可能です。装飾を加えたい時は、背景や動きのあるアニメーション画像、そして音声も付け加えることが出来ます。これだけでも、htmlメールのメリットは大きく感じられますが、利便性は他にもあります。例えば、htmlメールとウェブサイトのデザインを共通化することで、相手に違和感を覚えさせず、メールからウェブサイトに誘導出来る点が挙げられます。所がこれは、受信者のセキュリティ意識を下げさせてしまい、悪意のある者による偽装されたhtmlメールにすら、抵抗感を失うことを意味します。

自由度の高さがデメリットと評価されるhtmlメール

ファイルの添付自体は、テキスト形式のメールでも行えますが、セキュリティー意識が高い人が見れば、不審なメールとして無条件に削除の対象となります。htmlメールの場合は、添付ファイルを埋め込むことが出来るので、怪しげなファイルが紛れても気が付かなかったり、受信者の端末で起動するリスクがあります。htmlメールの動作は、クリックするとブラウザが立ち上がり、ブラウザ上の画面でメールの内容が表示されます。これはつまり、無意識や間違いに限らず、一度でもhtmlメールをクリックしてしまえば、悪意ある側の意図が達成される恐れがあるといえるでしょう。ゲームも埋め込める程の自由度は、時にセキュリティー上のデメリットとなるので、htmlメールを選択する場合は使用する状況を考え、必要性に合わせて活用することが大切です。