htmlメールを使用する際に準備したいこと

htmlメールはメールの中にテキスト以外の画像、音声、動画などさまざまな情報を盛り込むことができるメール形式です。文字だけでは伝えにくいことを視覚的に伝えたり、音声にすることによって簡単に理解してもらうことができるようになります。htmlメールは大変便利なものですが、余計なデータを盛り込みすぎてしまうと逆にわかりづらいものになってしまうこともあります。動画を入れればメールを最後まで読むのに時間がかかってしまうことも。構成やレイアウトも考えてメールを作らなくてはなりません。一般的には広告として送ることが多くありますが、個人が個人宛に送ることもできます。ではhtmlメールを送る場合にはどのような準備をしたらよいのでしょうか。必要なものなどはあるのでしょうか。

htmlの知識とメーラーの機能

htmlの知識があるに越したことはありませんが、メーラーには簡単にhtmlメールを書くことができる機能がついていますので、初心者でもhtmlメールを送ることはできます。htmlメールモードになっている場合、メーラーのツールバーにメールを編集するためのツールが表示されます。テキストに色付け、フォント替え、サイズ替え、インデントなどは選択とクリックで視覚的に行うことができます。画像などのメディアもドラッグして持ってくるだけで張り付けることができます。多機能なメーラーではhtmlソースを自分で編集することもできます。htmlの知識があればソースをいじることで微調整をすることができます。ただし相手がhtmlメールの受信を承諾していないと受け取ってもらえないこともありますので注意しましょう。

メールを書き出す前にしておくこと

htmlメールでは広告のように自由にデザインしたメールを送ることができますが、最初にレイアウトはしっかりと決めておかなくてはなりません。レイアウトがバラバラになってしまうと、とても見にくいメールになってしまうためです。特に文字の大きさや配置場所には注意しましょう。画像の回り込みも設定しておいたほうがよいでしょう。またすらすらとメールを書くためには画像も最初に用意しておきましょう。サイズはhtmlで設定することもできますが、多きすぎる画像は送受信に時間がかかります。画質やサイズはあらかじめ編集ソフトで編集して用意しておくと良いでしょう。htmlメールは面白いメールを作ることができますが、受け取った側が不快な思いをしないように特に容量に関しては注意しておく必要があります。